おいしいキムチを漬けるために欠かせない材料の種類

おいしいキムチを漬けるために欠かせない材料の種類

おいしいキムチを漬けるために欠かせないことは、良い材料を入手することだといいます。おいしいキムチを漬けるために欠かせないのは新鮮な野菜で、白菜・大根・セリ・葱・玉葱・にんにく・生姜などの種類です。塩辛は風味に欠かすことができない食材で味付けに重要なものですが、そのままおかずとしても食べます。地域ごとに特徴があり、どのような種類を使うのかこれにより味が大きく変わるといます。主にエビに似ている体長1センチ程度のアミやイワシ・イカナゴ・カレイなどの原料になっているものを使うようですが、最近はイワシやイカナゴの塩辛液やアミが主流になっているようです。 コチュカルは唐辛子粉で、粗いものと細かなものを混ぜて使用します。細かいコチュカルは色で粗いものは風味を引き立てるなどの役割があり、塩は白菜の下漬けのときには粗塩を使い、味を調えるときは普通の塩を使用します。ちなみに、セリは香りが豊かで茎が太くて柔らかい、葉が多いものを選ぶのがコツで葉の裏側が白いものは新鮮ではないため避けることが大切です。

キムチを作るために使われることが多い塩辛

キムチを作るために、塩辛が材料として使われることもあります。韓国でもこうした食品は作られていて、昔から多くの人に食べられています。韓国のものは日本と同じような方法で作られています。日本のものとの大きな違いは、発酵させる時間が長いことです。そのために、日本のものよりも香りやコクが強いことが特徴です。韓国でキムチを作るために使用されている塩辛は、魚介類を材料に使用しています。イワシを材料として作られているものもあり、カタクチイワシがよく使われています。カタクチイワシは通常のイワシよりも体長が小さいので、料理にも使いやすい食材です。カタクチイワシは韓国の南西部の海などで、多く獲れます。キムチの材料に使用されるものは、夏の終わりごろに獲れたものが使われています。イワシの量に対して半分より少なめの量の塩を加えることにより、作ることができます。キムチを漬けるための材料に使われるものは、通常のものよりも漬ける期間が長くなります。

キムチを通販で購入するに関する情報サイト
キムチの豆知識

このサイトは、そのまま食べても良いご飯のおかずやお酒のおつまみなどでも人気の食材についてご紹介しています。鍋料理の具材としても人気、韓国の定番ともいえるキムチの豆知識を幅広くご紹介しているので参考にすると良いでしょう。なお、ここでは副材料や調味料の割合により味が変わることや使用する唐辛子や塩などの種類、おいしいものを漬けるために欠かすことができない白菜や大根・胡瓜などの材料の種類など幅広く豆知識を紹介しています。

Search