副材料や調味料の割合により味が変わる!キムチの味は家庭によりさまざま

副材料や調味料の割合により味が変わる!キムチの味は家庭によりさまざま

現代は、1年中いつでも新鮮な野菜を入手できるようになったことや昔のような大家族も減少しているので、キムジャンをしない家庭も多くなっているようです。キムジャンは冬支度の風物詩で、1年に1度大量にキムチを漬けることを意味します。ただ、現代でもキムジャンは主婦たちの初冬イベントでもあり季節が訪れると雑誌の記事やテレビの料理番組ではキムチのレシピ紹介が行われることが多くなるようです。一度に大量に行うものなので、長く味わうためにもおいしく漬ける方法を模索する人も多いといいます。 家庭ごとにキムチの味はさまざま、どのような材料を使うのかどのような塩辛を使うのか、副材料の種類や調味料の割合により味は変わります。また、気温など自然環境による影響もあるので気候が寒い北部地域は汁気が多く、薄味で淡白なものが多いようです。温暖な気候の地域は直ぐに発酵してしまうため、唐辛子や塩辛、塩などを多く入れる塩辛さがあるキムチが主流です。

キムチを使っておうちでお手軽なレシピ紹介

真っ赤な色をしたキムチは小さいお子さんからご年配の方まで大人気の食品ですが、炊き立てのご飯に乗せて食べるのもいいですが他にもいろんな食べ方がありますのでキムチを使っておうちでお手軽レシピ紹介。一番簡単なのは、キムチ鍋です。キムチ・豚肉・ニラ・豆腐などを入れて鍋で煮込むだけですが、少し贅沢にしたいというのであればホタテやイカやエビやカキなどの海産物を入れるとさらに美味しくいただけますしおもてなしにも、喜んでいただけます。美味しいだけではなく、体の芯から温まりますので寒い冬には最高です。しめはやはり雑炊です。ご飯を入れて5分ほど煮込むと最高ですが、溶き卵やネギやニラを入れて食べる際にたっぷりの海苔をかけると絶品です。チーズがお好きな方でしたらチーズをトッピングするとたくさん入ることが出来ます。ご飯に飽きたならうどんやラーメンなどもお勧めですし、春雨やちゃんぽん麵などを入れても美味しくいただくことが出来ます。

キムチを通販で購入するに関する情報サイト
キムチの豆知識

このサイトは、そのまま食べても良いご飯のおかずやお酒のおつまみなどでも人気の食材についてご紹介しています。鍋料理の具材としても人気、韓国の定番ともいえるキムチの豆知識を幅広くご紹介しているので参考にすると良いでしょう。なお、ここでは副材料や調味料の割合により味が変わることや使用する唐辛子や塩などの種類、おいしいものを漬けるために欠かすことができない白菜や大根・胡瓜などの材料の種類など幅広く豆知識を紹介しています。

Search