そのままでも鍋の具材にも最適!?韓国の定番漬物キムチの豆知識を幅広くご紹介

キムチはお酒のおつまみやごはんのおかずそのまま食べても良い、鍋の具材や炒め物など料理の素材でも使えて栄養価も高い健康食といわれています。韓国では、一人当たり1食110グラムの量を食べるといいます。毎食健康食を食べているわけですから健康体な人が多いイメージですが、キムチにはどのよう効果があるのでしょうか。キムチは乳酸菌の数が多い発酵食品で腸内環境を整える効果、生姜や唐辛子は血行促進や代謝の向上、ニンニクはガンの抑制や動脈硬化の抑制、中性脂肪の抑制などの効果を期待できるといいます。

キムチは三国時代以前から食べられていた漬物

キムチは韓国の家庭料理の定番ともいわれてる漬物ですが、韓国では毎日3度の食事で欠かせないもので全ての家庭の冷蔵庫には2種類以上が入っているのが普通です。日本食を提供するレストランにも、紅ショウガやラッキョウなど漬物と一緒に並んでいるようです。キムチは白菜・大根・胡瓜などさまざまな野菜を塩漬けにして唐辛子・ニンニク・ネギ・ショウガ・塩辛・魚介など、さまざまな材料および調味料を混ぜて発酵および熟成させたものです。 キムチは三国時代よりも前から食べられていたものですが、当時は塩漬けして発酵させたもので冬場の野菜が少ないときにビタミンを摂取する目的で野菜を塩漬けにしたものが保存食になっていたものが元祖です。なお、現代のキムチのように唐辛子やニンニクを使うようになったのは1600年代で、唐辛子が韓国に伝わった後です。家庭により味が全く異なるのは調味料や塩辛などの副産物を入れているため、同じ野菜を使っても全く異なる味わいに仕上がるのも魅力といえましょう。

韓国の家庭料理の定番キムチの材料とは?

韓国の健康食品でもあり野菜の発酵食品といわれてるキムチは、白菜・大根・胡瓜が定番の材料です。現在では、真冬の寒い時期でも新鮮な野菜を買うことができますが、古くは冬になると寒さから野菜が収穫できない野菜にはミネラルやビタミンなど栄養価が高く、冬のビタミンやミネラル不足を補う目的で開発されたのが野菜を塩漬けにしたものです。大根は、みずみずしい茎がついていて表面には艶があり手で叩くと固く感じるものが良い大根といわれています。千切りにして白菜キムチの具材にすることもありますし、正方形に切りカクテキにすることもある定番の材料です。日本ではあまりなじみがない葱キムチも韓国では定番の食材です。一般的な葱や分葱を使うのですが根元の白い部分が長く太いもの、そして艶があるものが良いとされます。また、根元から先端まで太さが均一になっていて真っすぐ伸びたものを使うのがポイントです。インターネットの中には、葱キムチの作り方を紹介しているサイトもあるので挑戦されると良いでしょう。

年に一度のビッグイベント!キムジャンとは大量にキムチを漬けること

韓国人はキムチを一日も欠かさずに食べる漬物といわれているので、日本の漬物と同じで1年中漬けられます。しかし、以前は新鮮な野菜が手に入らない冬場のために大量に漬けなければなりませんでした。冬支度は大量に漬けるなどが代表的で冬支度のためにキムチを漬けることをキムジャンと呼びます。家庭により量は差があるのですが、50~100株ほどの白菜を使うのが一般的で初冬の風物詩は、韓国の家庭の大きな行事のひとつになっていたようです。 主婦は互いに協力し合い共同作業により白菜を塩漬けにして、漬けあがったものは大きな壺に詰めます。この壺は庭に埋めるのですが、穴を掘るのは男性の仕事です。穴に壺を埋めることで低温発酵が促され冬の間楽しめる、キムジャンは皆が集まるお祭りのような日といいます。ポピュラーな白菜以外に、韓国特有のミニ大根を丸ごと使うトンチミやチョンガッ大根(小さな筒型大根)を使うチョンガッキムチや分葱で作るものなど、数種類を作るといいます。

トンチミは韓国特有のミニ大根をまるごと漬けこむ水キムチ

トンチミは韓国特有の伝統的な漬物であり、その独自の風味と食感で多くの人々に愛されています。このユニークな料理は、まるごとの大根を使って作られる水キムチの一種で、その名前からも分かるように、大根を丸ごと漬け込むことが特徴です。 魅力はそのシンプルな材料と簡単な調理法にあります。まず、新鮮な大根を用意し、皮をむいて薄い輪切りにします。この大根は、さっぱりとした味わいとシャキシャキした食感を持っており主役となります。 次に大根の薄切りに塩を加え、しばらく置いて水分を抜きます。この工程は大根のしんなり感を引き立て、調味料がしっかり染み込むための大切なステップです。そして水分を抜いた大根には、唐辛子やにんにく、生姜などの香辛料を加え、さらに魅力的な風味をプラスします。 最後にすべての材料を混ぜ合わせ、密封容器に詰め込みます。冷蔵庫で数日間寝かせることで、味が深まります。その間、大根は調味料と絶妙に結びつき、シャキシャキとした歯ごたえを持ちながら、ピリッとした辛味とほのかな甘みを楽しむことができます。 トンチミの水キムチはその美味しさだけでなく、大根の健康に対する利点も持っています。大根は低カロリーでありながら、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれており、消化を助ける効果もあります。辛味を引き立てる唐辛子や、風邪予防に効果的なにんにくも含まれており、健康的な食事の一部としてもおすすめです。

キムチやキムジャンに入れる唐辛子や塩

キムチの中でも定番の野菜といえば白菜ですが、よいものを選べばおいしいキムチづくりの大半は成功したといっても過言ではありません。獲れ立ての白菜は大きいものほど良いといいますが、キムジャンに使用する初冬の白菜は小ぶりのものがおいしいといわれていて、葉が詰まっていて巻き具合が固いもの、手に持った際に重量感があり外側の青い葉の枚数が比較的多いもの、内側になるほど黄色い葉が詰まっているものを見つけるのがコツです。お店ではこのような材料を購入して持ち帰り、家に戻ったとき内側の黄色い葉を生で食べたとき水みずしさがあり香りが高いものが良いとされます。なお、キムチやキムチジャンに入れる唐辛子の粉はコチュカルは、粗いものと細かなものを混ぜて使うのがコツで、細かなものは色合いで粗いものは風味を引き立てるなどそれぞれの役割があるようです。塩は、野菜の下漬けの愛には粗いものを使い、味を調えるときには普通の塩を使うなど使い分けます。

家庭でもできる!白菜キムチの漬け方のポイント

キムチは使用する材料が多いので作るのが大変、このように考える人も多いかと思われますが基本的な原則を守れば失敗も少なく誰もが挑戦できます。ちなみに、白菜を使う場合は白菜4株・葱4本・分葱50グラム・セリ50グラム・大根1本・粗塩・3.5カップ・生ガキ300グラム、このような材料で漬けることができます。白菜4株に大根1本、かなり量が多いので、家族が多い家庭でないと消費しきれない、このようなイメージを持つ人も多いかと思われますがしっかり保存すれば発酵食品なので長持ちしますし、そのまま食べるだけでなく料理に使えばさまざまなレシピが誕生します。もっとも簡単で美味しく食べることができるのはキムチ納豆、二つとも発酵食品なので体に良い健康食としてメニューに加えると良いでしょう。漬け込んだキムチは料理の素材として大活躍するわけですが、各種のチゲや汁物、炒め物などさまざまなレシピで使用できるのでご飯のおかず以外で利用できるメニューをインターネットで探すと良いでしょう。

漬けこんだキムチは料理の素材としても活躍する

漬け込んだキムチはそのままご飯のおかずとしてもおいしく食べることができますが、料理の素材でも使えます。チゲ鍋や炒め物などインターネットを利用するとキムチを使ったレシピが多数見つかるので、探してみると良いでしょう。チゲ鍋も使用する材料によりバリエーションが生まれます。例えば、魚介類とキムチを使ったチヂミなどは比較的簡単で短時間で調理ができますし、小麦粉を使っているためボリュウーム感もあります。このチヂミを作るときには、よく熟成している白菜キムチを使うのがポイントで、約250グラムを細切りにしておきます(4人分の場合)。魚介類は、イカ・カキ・あさりなどを用意し合計約100グラムの分量を使います。小麦粉に水およびお降りを入れて混ぜます(水:1/4カップ、氷:1/2カップ)。準備してある材料を加えてよく混ぜて、熱したフライパンにサラダ油(適量)をひいて好みの大きさになるよう流しいれ、両面を焼きあげれば完成です。

キムジャン壺からキムチ冷蔵庫までおいしく保存するコツ

おいしく漬けることが大切なキムチですが、漬けることと同じくらい重要なことは保存です。保存しながら味わう漬物といっても良いわけですが、これは発酵食品などの意味があります。長く保管ながら楽しむ、熟成の度合いを調節しておいしさを保つことがポイントです。最近は、専用の冷蔵庫や密閉容器などがあるので便利ですが、かつては壺に詰めてそれを土の中に埋めておくといった伝統的な方法で貯蔵されていました。冬場で気温が氷点下になると、韓国ミニ大根の水キムチでもあるトンチミの汁の表面に薄氷が張り、氷ごと食べるなど壺があるからこそ楽しめる食べ方もあります。土の中に埋めておくと常に5度から10度の温度を維持し、程度な発酵を促す作用がありその結果キムチがおいしく漬かるといいます。キムチ専用の冷蔵庫は、土の中に壺を埋めているのと同じような環境になるので、韓国の生活スタイルに大きな変化を与えているといっても過言ではありません。

キムチ冷蔵庫の登場は韓国の生活スタイルに変化を与えた

キムチは、おいしく漬けることと同じくらい重要とされるのが保存です。大量に漬けて長く保存しながら味わう食べ物なので、熟成の度合いを調節しながらおいしさを維持することが重要といわれています。現在は、キムチ専用の冷蔵庫があるので保存に困ることはありませんが、昔は壺に入れるのが主流でした。壺に詰めて重石をして蓋をしてから、それを土の中に埋めるといった伝統の知恵により長い冬の間にいつでも味わうことができました。冬場になるとトンチミの汁の表面には氷が張り、その氷ごと食べるなど醍醐味もあったといいます。現代では、アパートやマンションなど集合住宅で暮らしている人も多く、壺を埋めておける庭がないのでキムチ冷蔵庫はその代役でもあり韓国人の生活スタイルに変化を与えた電化製品の一つといっても過言ではありません。ちなみに、土の中に埋めるキムチが一定の味を保つことができる理由は、常に5度から10度の温度を維持できるためで、このような温度環境で低温熟成により生まれる、冬場の土の中と同じような環境を作るのが専用の冷蔵庫です。

キムチを通販で購入するに関する情報サイト
キムチの豆知識

このサイトは、そのまま食べても良いご飯のおかずやお酒のおつまみなどでも人気の食材についてご紹介しています。鍋料理の具材としても人気、韓国の定番ともいえるキムチの豆知識を幅広くご紹介しているので参考にすると良いでしょう。なお、ここでは副材料や調味料の割合により味が変わることや使用する唐辛子や塩などの種類、おいしいものを漬けるために欠かすことができない白菜や大根・胡瓜などの材料の種類など幅広く豆知識を紹介しています。

Search